火災保険と地震保険について

火災保険と地震保険について

火災保険と地震保険につきましてご説明させていただきます。記事を読んで是非理解を深めて下さい。火災保険は、建物や家財などに発生した直接的な損害や、損害が発生した際に付随してかかる費用に対して保険金が支払われる制度です。住宅物件の火災保険(すまいの保険)には、住宅火災保険、住宅総合保険、鉄筋コンクリート造りのマンションや団地を対象とした団地保険が存在します。なお、建物と家財は、それぞれ別々に保険金額を設定しています。

地震保険は、地震、噴火、津波等による損害(全損、半損、一部損の3段階の被害)を補償する保険ですが、これらが原因で発生した火災による損害は、火災保険では補償されません。なお、地震保険は単独では契約できず、火災保険に付帯して契約します。また、火災保険の保険期間の中途で付帯することもできます。地震保険の目的は、住宅用建物に対する補償と家財に対する補償です。保険金額は、火災保険の保険金額の30〜50%の範囲内で設定されています。建物は5000万円が上限、家財は1000万円が上限となっています。保険料は建物の構造と所在地により異なります。損害保険会社による保険料の違いは無く、どこで契約しても条件が同じなら保険料は一律です。

Copyright (C)2018火災保険と地震保険について.All rights reserved.